お知らせ

作成日:2019年03月28日

旅館再生型モデル第一弾 「ファーストキャビンST.京都梅小路 RYOKAN」3/28オープン!

<ファーストキャビングループで24施設目>
 「ファーストキャビンステーション」は、ファーストキャビンのコンセプト「コンパクト&ラグジュアリー」はそのままに、夜行列車の個室をイメージしたキャビンスタイルホテルの姉妹ブランドです。
2017年に第一号施設「ファーストキャビンステーションあべの荘」を開業し、本施設は大阪・和歌山に続く3施設目となります。
ファーストキャビングループとしては24施設目(非公開の施設は含まず)の開業となります。

<京町家の小屋組や中庭を生かした空間デザイン>
 本施設は地元企業の保養所として使用していた京町家の木造建築に改修と増築工事を加え、キャビンタイプの「ファーストクラス」6キャビン、「ビジネスクラス」26キャビンと個室タイプの「プレミアムクラス」 25キャビンの合計57室の宿泊施設。
館内には坪庭や中庭、裏庭など複数箇所に庭が設けられ、京町家特有の開放的で心地よい空間を生かしながら、ファーストキャビンのスタイリッシュな世界観が融合する新しい空間です。

<ファーストキャビングループ初の旅館スタイル>
 ファーストキャビングループで初となる、玄関で履物を脱いで入館する「旅館スタイル」。
個室タイプの「プレミアムクラス」は、一人利用だけでなく、乳幼児連れのファミリーなど3~4名のグループでも利用可能です。
床の間や縁側などを楽しむことができ、専用のトイレ・洗面を設えた「京町家スイートルーム」と、スタイリッシュな和の空間を楽しむことができる「モダンルーム」の2タイプをご用意。
浴衣・着物や自転車のレンタルサービスも予定し「京都で暮らすような」体験型の宿泊を提供します。

記事詳細はこちら

JR東日本