『京都美風伝統産業の日in京都駅ビル』が開催されます

作成日:2020年03月13日

京都市では、1200年を超える悠久の歴史の中で脈々と受け継がれる匠の技を未来に継承し、今後の伝統産業界を牽引する人材の育成に寄与することを目的に、平成22年度から、京都市内で活躍する伝統産業中堅技術者を京都市伝統産業「未来の名匠」として認定しています。

今回の京都美風では、開催期間を通じて伝統産業界を牽引する「未来の名匠」認定者の卓越した匠の技を展示し、さらに期間後半では若手職人が集まる「京の伝統産業わかば会」による新しい伝統のカタチをそれぞれの個性で表現します。伝統産業界の未来を担う職人の、技と美の数々を御堪能ください。

こちらのイベントは終了いたしました。

詳細

京都美風伝統産業の日in京都駅ビル
【全期間】「未来の名匠」令和元年度認定者の作品展示
【前半】「未来の名匠」歴代認定者の作品展示
【後半】「京の伝統産業わかば会」の作品展示
日時
2020年3月2日(月)~31日(火)10:00~19:00(予定)
(前半:2日(月)~15日(日)後半:16日(月)~31日(火))
※3月15日は展示作品入れ替えのため17:30で終了予定
※3月31日は18:00で終了予定
こちらのイベントは終了いたしました。
場所
駅ビルインフォメーション前
主催
京都駅ビル開発(株)/京都市
内容
作品一例(メインビジュアルで紹介)
「鉄釉鱗紋透かし一輪挿し」(京焼・清水焼陶器京谷浩臣)透かし彫りによる一輪挿しですが、二重構造にすることで実際に水を入れて使用することができます。
また連続する鱗紋には永遠の発展、繁栄の意味が込められています。
【本件に関するお問い合わせ先】
京都駅ビル開発株式会社
営業部文化・観光プロモーション課担当:田中暢宏、松井朋晃
TEL 075-361-5127/FAX 075-361-4479

関連記事

JR東日本